北海道科学大学薬学部薬学科〈仮称〉

高齢化などで社会構造が激変する現代、薬剤師は地域ぐるみの医療を担う重要な存在です。本学では、実学系総合大学としての幅広い教育体制構築と、より一層の教育環境の充実のため同一法人設置校である北海道薬科大学と統合し、新たに「薬学部薬学科〈仮称〉」の設置を計画中です。「薬学部薬学科〈仮称〉」では、道内最多6,700名以上の薬剤師を輩出した北海道薬科大学の伝統と実績を生かし、地域社会の健康を支える薬剤師を養成します。これにより本学は、医療と工学、医療と社会科学の連携を強化するとともに、専門性と総合的な視点を生かして社会に貢献する人材のさらなる育成をめざします。