学費・奨学金・教育ローン

  • 学部/学費
  • 編入/学費
  • 大学院/学費
  • 短期大学部専攻科/学費
  • 奨学金・教育ローン

北海道科学大学/学費

1年次

(単位:円)

北海道科学大学学費1

※1  その他の経費は、変更となる場合があります。
※2  入学金の免除については、下記をご覧ください。
※3  授業料には、実習費が含まれています。

入学金の免除について

  • ①志願者本人が北海道科学大学高等学校(旧北海道尚志学園高等学校、旧北海道工業高等学校)を卒業している。
  • ②志願者本人が設置校※を卒業(卒業見込を含む)または退学(北海道科学大学高等学校(旧北海道尚志学園高等学校、旧北海道工業高等学校)を除く)している。
  • ③志願者の父または母が設置校※の卒業生である。
  • ④志願者の入学時に兄弟姉妹が設置校※のいずれかに在籍している。
  • ⑤志願者の兄弟姉妹が、同一年度に設置校※のいずれかに入学する。(2人目以降免除)

※設置校とは、北海道自動車学校を除く次の学校を指します。
北海道科学大学(旧北海道工業大学)、北海道科学大学短期大学部(旧北海道自動車短期大学)、北海道薬科大学、北海道科学大学高等学校(旧北海道尚志学園高等学校、旧北海道工業高等学校)、北海道総合電子専門学校(旧北海道電波専門学校)

2年次~4年次

(単位:円)

北海道科学大学学費2

※1  その他の経費は、変更となる場合があります。
※3  授業料には、実習費が含まれています。

北海道科学大学短期大学部/学費

1年次

(単位:円)

北海道科学大学短期大学部学費1

※1  その他の経費は、変更となる場合があります。
※2  入学金の免除については、下記をご覧ください。

2年次~4年次

(単位:円)

北海道科学大学短期大学部学費2年次

※1  その他の経費は、変更となる場合があります。

その他の経費について

協学会費

協学会は、「学生と教職員は運命協同体」の理念のもとに全学生・教職員で組織されています。その事業は多岐にわたり、主として学生生活の活性化のために、大学祭・体育祭などの活動やクラブ活動の支援を行っています。会費は、年額6,000円ですが、入学時には入会費6,000円と併納することになります。

学生医療互助会費

学生医療互助会は、学生の互助救済・健康の保持増進を目的とする本学独自の制度です。学内外・時間を問わず、疾病や不慮の事故などで医療機関にかかった場合の自己負担医療費や見舞金の給付を行っています。会費は、年額3,800円ですが、入学時には入会金500円と併納することになります。

親交会費

親交会は、大学と家庭との緊密な連繋および協調体制を保つ組織として設置され、学生の知識および技能の向上と、有為な社会人としての人間育成を図るため、各種の事業を行っています。会費は、年額6,000円です。

[北海道科学大学]
雪嶺(せつれい)会費(北海道科学大学同窓会)

雪嶺会は北海道科学大学卒業生全員が加入する同窓会組織で、北海道科学大学生(準会員)の諸活動に対する助成、学生の表彰、就職活動の支援等の事業と北海道科学大学卒業生(正会員)相互の親睦を厚くし、文化的、社会的向上を図ることを目的としています。
主な事業として、大学で発行する各種証明書の代行取得、正会員子女の入学検定料の補助、同窓会親睦会の助成、北海道科学大学芦原ニセコ山荘の利用受付手続きなどを行っています。
会費は卒業後30年間の会費40,000円を一括納入していただきます。

[北海道科学大学短期大学部]
丁酉(ていゆう)会費(北海道科学大学短期大学部同窓会)

丁酉会は北海道科学大学短期大学部卒業生全員が加入する同窓会組織で、会員相互の親睦を図り、併せて母校の発展に資することを目的としています。 主な事業として、年1回の会報発行、在学生(準会員)のクラブ・サークルヘの援助などを行っています。 会費は終身会費として40,000円を2年次の第1期に一括納入していただきます。

■上記以外の経費

[北海道科学大学]
教育職員免許(教職科目)、各学科の資格取得のための特別な講義・実習等の受講には、上記以外の受講料等が必要になります。また入学時には、ノート型パソコン(看護学科ではノート型パソコンとiPad)の準備が必要になります。なお、前・後期の授業等に必要な教科書および文具・工具等は、入学後購入することになります。

※ノート型パソコンの詳細と教科書の概算金額は、入学手続者に文書でご案内する予定です。

[北海道科学大学短期大学部]
上記のほか、前・後期の授業等に必要な教科書・教材および実習着等は、入学後購入することになります。