北海道科学大学の基本姿勢

建学の精神

本学は、「科学的市民」の育成を教育理念の中心に据えて、知識基盤社会を担う市民としての汎用的技能・能力と時代の要請に即した専門の学術を教授・研究し、高い応用能力と健全な心身を備え、科学的思考によって専門職としての役割を主体的に果たせる人材を育成することにより、地域社会の活性化に寄与することを使命とする。

※科学的市民とは「豊かな人間性とともに、基盤能力と専門性を併せ持ち、専門職としての役割を主体的に果たせる人材」をさす。

基本理念

・「科学的市民」の育成

・時代の要請に即したプロフェッショナル教育

・地域社会への貢献

教育目的

時代の要請に即した専門領域で輝きながら、北海道およびわが国の活性化を実質的に支え得る21世紀型市民を育成する。

教育指針

学科ごとのきめ細やかなカリキュラム、教育指導により、

  1. 専門領域の基礎知識群とそれらの自然や社会、歴史との繋がりを含めた知識の枠組みを獲得する、
  2. 自ら学習する能力(学習力)を身につける、
  3. 社会における自らの役割を認識し、倫理観を醸成する、
  4. 自らの専門能力を高め、あるいは拡げる、
  5. 専門能力を社会に役立てるために必要な関連知識とスキルを獲得する、

ことを支援する。加えて、組織的な教育効果の検証と、カリキュラムの改善を続け教育目的を達成する。

教育の特色

1.学生の立場に基づく教育

[教育システム]

  • 専門領域ごとに最適設計された教育・学習プログラム
  • 入学生の適性に応じたきめ細やかな教育・学習システム
  • 少人数グル-プによる実験・演習を重視する教育プログラム

[教育環境]

  • 学習力醸成に役立つ整備された自習環境
  • 開放的で居心地の良いグループ学習環境
  • 豊富な研究設備に恵まれた卒業研究環境

2.情報化社会に調和するプロフェッショナル教育

[教育システム]

  • 技術者として重要な倫理観を育む教育プログラム
  • 協働のためのコミュニケーション能力を育む言語教育プログラム

[教育環境]

  • 全学生ノートPC所有・充実した学内イントラネット環境
  • ユビキタスなe-Learning環境