学長挨拶

北海道科学大学は、
地域社会に貢献する「+Professional」な人材を育成します

北海道科学大学 学長 工学博士 苫米地 司

「+Professional」とは、基盤能力と専門性を併せ持つこと。

北海道科学大学は、社会人として必要とされているヒューマニティ、コミュニケーション能力、問題解決能力、マネジメント能力の基盤能力(「+」)を礎に専門性(「Professional」)が身についている人材を育成します。

 

また、「北海道で学ぶ」という地域特性を最大限に活かして、寒冷地における生活全般にかかわる「実学」の学びの場を提供し、地域社会へ貢献する人材育成にも注力しています。実学は、学問によって物事の真の姿を解明し、それに基づいて自ら判断する能力を養う学問です。

 

本学の前身である北海道工業大学は、北海道の産業・経済の発展と地域社会への貢献に寄与することを目的として1967年(昭和42年)に創立されました。創立当初は機械工学科と経営工学科の2つの学科でしたが、その後、時代の要請に応えたプロフェッショナル教育をすべく、工学を基本としながらも学びの幅を広げ、文理融合型の教育を進めてきました。2014年(平成26年)には医療系新3学科を加え、工学・医療・社会科学を学びの軸にした3学部12学科をもつ「北海道科学大学」として新たなスタートを切りました。

 

創立以来の50年足らずの間に、本学が輩出してきた卒業生は3万2千人に及んでいます。その多くの卒業生たちの努力の結果、本学は地方大学でありながら、経済誌の全国調査で「卒業生の活躍度」や「国家資格合格者数」などのランキングで常に上位にあり、産業界から高い評価を得ています。

 

これまでの本学の歩みに連なる、我々の教育理念『科学的市民の育成』は、豊かな人間性に 「+Professional」 を兼ね備え、専門職としての役割を主体的に果たせる人材を育むことです。ものをつくる技術があって、それを使うヒトがいます。そのどちらの視点をも併せもち、専門性を高め、地域や社会に貢献するような人が求められている今、それらに思いを抱く皆さんの無限の可能性を、本学で探してみませんか。

 

ともに未来を創造し、学んでいきましょう。

プロフィール

略歴

昭和28年2月 青森県六戸町生まれ
昭和51年3月 北海道工業大学工学部建築工学科卒業
昭和51年4月 北海道工業大学助手
昭和60年4月 東北大学私学研修生
昭和61年4月 北海道工業大学講師
平成元年4月 北海道工業大学助教授
平成7年10月 北海道工業大学教授
平成22年4月 北海道工業大学副学長(平成23年3月まで)
平成23年4月 北海道科学大学学長(平成26年4月 北海道工業大学から名称変更)
平成26年4月 北海道科学大学短期大学部学長(併任)

受賞歴

平成5年10月 日本雪氷学会平田賞
平成7年1月 日本雪工学会学術賞
平成8年6月 日本膜構造協会特別論文賞
平成8年10月 CTC寒地技術賞
平成13年6月 寒地環境工学研究会技術奨励賞
平成23年2月 北海道赤れんが建築賞
平成27年10月 北海道社会貢献賞(私学教育功績者)
平成28年2月 北海道科学技術賞

研究分野

雪氷工学
研究の詳細は研究者データベース「ラボサイト」をご覧ください。

所属学会

日本建築学会/日本雪氷学会/日本雪工学会/日本リメディアル教育学会/初年次教育学会 他