ニューストピックス

「サイクル・セーフティラリー・イン・ていね」の終了式が行われました

平成30年2月13日

平成30年1月31日(火)、手稲警察署3階大会議室で行われた「サイクル・セーフティラリー・イン・ていね」の終了式に、自転車部の黒畑公希さん(電気電子工学科2年)と桂青会 地域連携局の田上雄也さん(北海道薬科大学3年)が参加しました。

 

「サイクル・セーフティラリー・イン・ていね」は、平成29年5月1日(月)から11月30日(木)までの7か月間、自転車の安全利用の促進や交通事故防止等を目的に実施されたもので、終了式には本学をはじめ、北海道薬科大学、札幌あすかぜ高等学校、札幌手稲高等学校、札幌稲雲高等学校が参加しました。

 

最優秀賞校となった北海道薬科大学の代表者には、表彰状とトロフィーが授与されたほか、参加各校の代表者には修了証書が手渡されました。

 

 

終了式に続いて行われた検討会では、各校から独自の取り組み状況について報告があり、本学からは、大学周辺地域のボランティア依頼を受け活動している「ボランティア局」の説明を行い、自転車事故防止の整備講習や駐輪場の整備・放置自転車の抑制活動を行っている「HCP~HUS CYCLE PROJECT~」、大学防災訓練活動・手稲消防署とのイベントや資格取得の補助を行なっている「HUS防災プロジェクト」などについて紹介しました。

 

興味を持ったら・・・
 自転車部  ボランティア局(クラブ活動)

一覧へ戻る

印刷