ニューストピックス

旧手稲町・札幌市合併50周年を祝う実行委員会が主催する記念講演会が行われました

平成29年12月6日

平成29年12月2日(土)、本学中央棟(E棟) E401講義室において、旧手稲町・札幌市合併50周年を祝う実行委員会が主催する記念講演会「手稲の歴史・これからの手稲」が開催されました。

 

この記念講演会は、地域の皆さんを対象に、旧手稲町・札幌市合併50周年と本学の開学50周年を記念して行われたものです。

 

はじめに、手稲郷土史研究会会長の茂内義雄氏、都市環境学科の石田眞二教授、建築学科の谷口尚弘教授、小樽商科大学商学部 商学科の加藤敬太准教授及び北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツビジネス専攻の臼井栄三特任教授から、手稲の歴史や地域における街づくり、今後取り組むべき課題や手稲から発信できることについて、わかりやすく講演が行われました。 続いて、講演者5名と参加された地域の皆さんによるディスカッションでは、今後手稲が発展・成長していくための方法や、イメージアップにつなげるにはどうすれば良いかなどの様々な意見が交わされ、とても有意義な時間となりました。

 

 

 

 

 

手稲の歴史から今後あるべき街の姿まで考えるなど、参加された地域の皆さんにとって改めて「手稲」を見直す良い機会となりました。

興味を持ったら・・・
 石田眞二先生 谷口尚弘先生

一覧へ戻る

印刷