ニューストピックス

大学構内の吸い殻拾いを行いました

平成29年10月10日

平成29年9月29日(金)9時から、学生及び教職員31名による大学構内のタバコの吸い殻拾いを行いました。

 

この取り組みは、喫煙マナー向上の啓発活動として協学会・ボランティア局が実施したものです。

 

当日は、9つのグループに分かれて体育館や図書館、駐車場や大学外周、各校舎の付近や近隣町内などを対象に行いました。

タバコの吸い殻のほか、空き缶やビニールなども見つかり回収しました。

 

 

 

 

今回の実態を踏まえ、喫煙者に対するマナー教育及び禁煙指導をより強化して進めていきます。

マナーを守らない一部の喫煙者により、喫煙者全体の印象が悪化します。

現在学内において、喫煙は「喫煙所」でのみ認められていますので、学生の皆さんはマナーを守って喫煙するようにしてください。

興味を持ったら・・・
ボランティア局(クラブ活動) 協学会

一覧へ戻る

印刷