ニューストピックス

第4回 看護学科主催の公開講座を開催しました

平成29年3月17日

平成29年3月14日(火)9時30分より北海道科学大学保健医療学部棟(C棟)5階において、65歳以上の方を対象とした公開講座を開催しました。

 

4回目の開催となる今回は、初回参加者46名、継続参加者83名、合計129名の参加となりました。

受講者の皆さんは、各々の健康に関する講座を聴講したり、身体機能測定ブースをまわりながら、普段聞けない身体の悩みを相談するなどして過ごしました。

その後、食堂(HITプラザ)では、栄養バランスが考えられた特別メニューの昼食を食べていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

【実施内容】

①公開講座

[初回参加者]

『あなたの身体は大丈夫?~100歳まで元気で活動するために~』

講師:看護学科 松原三智子准教授

内容:老化、身体と心の変化、認知症

[継続参加者]

『転ばず元気に過ごすには!』

講師:理学療法学科 佐藤洋一郎講師

内容:転倒原因、転倒予防法

 

②身体機能測定

[ブース紹介]

○問診・血圧測定 ○身長・体重測定 ○腕・脚まわり測定

○立ち上がりの測定 ○3メートル歩行時間測定

○握力測定 ○バランス機能測定 ○あたまの元気 ○口の働き

 

③学食体験

看護学科 福良薫教授が考えた特別メニュー

「カロリー500Kcal、塩分3g、15品目の食材」

 

本学の学生スタッフも参加し、受講者の案内や、それぞれのブースで測定をするなど、地域の方々と触れ合う良い機会となりました。

 

今回初めて講座に参加された方は、ご自身の身体について知り、考える良い機会になったのではないでしょうか。また、継続して参加いただいている方は、これまでの結果と比較していただき、今後の参考にしていただければと思います。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

 

興味を持ったら・・・
 松原三智子先生 佐藤洋一郎先生 看護学科 理学療法学科 市民公開講座・講演会

一覧へ戻る

印刷