北方地域社会研究所

本学では、平成27年4月1日、北海道を中心とした地域社会が抱える諸問題に対して、社会、経営、産業、文化、教育といった人文社会科学と工学との連携を軸とする分野横断型の研究拠点を形成し、自治体、企業、NPO法人などの各種団体との交流・連携を通して、地域の課題解決に向けた研究活動を推進することを目的に「地域社会創生研究所」を設立しました。平成29年4月1日からは、地域社会の対象をより具体的に明示するため「北方地域社会研究所」に名称変更し、活動しています。

研究活動のフレームワーク

本研究所は、北海道を中心とした地域社会が抱える諸問題を研究課題とする人文社会科学と工学との連携を軸に据えた分野横断型研究グループを形成し、各地域の自治体、企業、NPO法人等各種団体と協働して、地域社会の課題解決及び地方創生へ向けた研究活動を行います。現在日本の多くの地方自治体が直面しているコミュニティ再生及び地域活性化に関わる課題を中心に、人材育成、地域文化・観光、持続可能な社会システムに関する研究を推進していきます。また、自治体や企業、NPO法人など学外の各領域の専門家や実務者を研究員として招聘し、共同研究を展開することで、より緊密な域学連携研究を進展させ、研究成果を自治体に還元できる体制を整えて行きます。


◎重点項目

  • 本学の持つ教育資源や人的資源を活かした地域との連携教育や遠隔教育の可能性を追究し、地域社会振興に有為な人材育成に資する教育システムやコンテンツの開発を行います。
  • 地域社会に根ざした文化(歴史、伝統、くらし等)に関する情報収集、発掘作業、新たな価値の発見等、社会調査を通して地域文化の再評価や文化活動の活性化に資する研究活動を行います。
  • 健康・安全・環境等に配慮したまちづくりや産業創出に関する調査、研究を通して持続可能な地域社会システムや産業について提案していきます。

研究テーマ一覧

  • 北海道地域における理系人材育成と啓発活動のための研究
  • 若者と出身地域に対する郷土愛に関する調査研究
  • 北海道遺産の江差町地域文化資源の持続可能性に関する調査研究
  • フットパスを用いたコミュニティ活性化に関する実践研究
  • 上富良野町における人口動態分析と地域創生案提言

学外研究員の受入

本研究所では、企業、教育・研究機関、各種関係団体・組織等に在籍する者であって、自己の知見、経験等を活かし、本学における教育研究等の推進に寄与するための研究、調査、指導、助言等を行う者を学外研究員として受け入れています。

関連リンク

学外研究員受入に係る取扱内規、学外研究員受入申請書はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。

(学)北海道科学大学 教育研究推進課 研究推進係

TEL 011-688-2241(直通)
FAX 011-688-2392
E-mail kenkyu@hus.ac.jp