夢プロジェクト

学生たちのアイデアを大学がバックアップ。「夢プロジェクト」(夢プロ)は、自分の思いをカタチにできる本学ならではのユニークな制度です。個人でもグループでも参加でき、それぞれが実現したいプランをプレゼンテーションし、採択されたものに資金援助が行われます。学生のアイデアは想像以上に幅広く、キャンパスの垣根を越え、地域と密接にかかわって評判を呼ぶプロジェクトがたくさんあります。

資金の援助は1件あたり最高100万円です。

平成28年度 採択プロジェクト

NO. プロジェクト名 内  容
1 かがくガオーくんプロジェクト マスコットキャラクターのプロモーション計画・立案
2 グラウンドまもり隊 大学周辺小学校のグラウンドのメンテナンス
3 ことのはプロジェクト 学内でのディベート・ディスカッション講座
4 MMM(トリプルエム) 車椅子車輪清掃機の開発
5 ecoプロジェクト ペットボトルや缶などの資源利用の抑制活動
6 HUS-Balzar Model 塔時計研究会 塔時計の知識を学び、A棟塔時計を保守

過去の採択プロジェクト(抜粋)

Next Create

Next Create工作教室や大学祭などの各種イベントをとおして、参加者の方に「ものづくり」への興味・関心を持ってもらえるようにドアチャイムや手作りプラネタリウムなどの工作物を作製し、体験してもらいました。

論客育成塾

論客育成塾ディベート(ある特定のテーマの是非について、賛成・反対の立場に分かれて、第三者を説得する形で議論を行うこと)を人間社会学科だけではなくその他の学科にも知ってもらうために、4回のディベート入門講座や22回の論客入門講座を実施しました。

かがくガオーくんプロジェクト

かがくガオーくんプロジェクト本学マスコットキャラクターである「かがくガオー」の認知度アップ・人気度アップを図るために様々なプロモーションを企画・立案・実施しました。主に手稲区内で行われたイベント(春の地域安全運動、手稲夏あかり、前田ふれあい祭り、手稲ぱわふる☆きっずらんど、親子ふれあい餅つき、本学オープンキャンパス・大学祭など)に積極的に参加し、地域の方々との交流を深めました。このような活動をとおして、自分たちの勉学意欲やモチベーションが向上し、今後の学生生活にも役立つ活動となりました。

手作りキャンドル

手作りキャンドルキャンドル作りの体験をとおして、モノ作りや科学に興味をもってもらい、地域の方々との交流を深めることで理系の大学を身近に感じてもらうことを目的に活動しました。大学祭での手作りキャンドル教室、「小樽雪あかりの路」にボランティアスタッフとして参加(スノーオブジェの作製、キャンドルの点火等)、自主イベント「学びの文化祭」の実施など、精力的に活動しました。

関連リンク

夢プロジェクト取扱内規はこちらをご覧ください。