情報工学科

「好き」を仕事にするために、緻密に設計されたカリキュラム。

本学科の学びは大きく分けて二つから構成されています。一つは、自らの手を動かして学ぶこと。SNSや電子マネーなど、学生に馴染みあるものを題材に、その仕組みの裏側を学ぶことによって、「使う人」から「つくる人」になることをめざします。もう一つは、進歩する技術においても10年、20年と変わらない基礎的考え方を身につけること。このふたつの学びを並行して行うことによって産業界が求めるICT(情報通信技術)エンジニアを育成します。又、12学科の中で唯一、数学の教員免許がとれることも特徴のひとつです。

産業界が求めるICTエンジニアを育成

人材養成の目的

情報工学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力の習得のもとに、情報工学分野に関する基礎力と専門性を有し、高度情報化社会を実現するコンピュータとネットワークの技術をソフトウェアとハードウェアの両面において支え、実際の応用に展開して我が国及び地域社会の活性化に貢献する次のような技術者を養成する。

1
情報通信の知識と技術を身に付け、各種ネットワークを設計・構築・運用する実践力を持つ技術者
2
能処理・情報処理の知識と技術を身に付け、実際の問題解決にコンピュータシステムを活用できる実践力を持つ技術者
3
各種のソフトウェア開発に関する知識と技術を身に付け、ソフトウェアを利用したシステムを設計・開発・運用する実践力を持つ技術者