電気電子工学科

「好き」を仕事にするために、緻密に設計されたカリキュラム。

本学科には、電気を学ぶエネルギー系と、電子情報機器などを学ぶエレクトロニクス系の2分野があります。実社会で活躍するためには、どちらの基礎もしっかり身につけておくことが必要。したがって、これまで以上に分野の垣根をこえて学べるようカリキュラムを組んでいます。又、本学科が掲げる目標は、“全員が資格を持って卒業すること”。そのため、学科独自の資格取得支援システムや資格認定制度、カリキュラム内外で実施される受験対策講座によって、全面的にバックアップすることに力を注いでいます。

産業界が求めるICTエンジニアを育成

人材養成の目的

電気電子工学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力の習得のもとに、電気エネルギー分野からエレクトロニクス分野までをカバーする広範囲なカリキュラムを通じて電気電子工学関連の知識・技能を習得し、我が国及び地域社会の活性化に貢献する次のような技術者を養成する。

1
現代社会の基盤を支える電気エネルギーシステムを環境に配慮しながら開発・管理・運用できる技術者
2
豊かで便利な生活環境を提供する様々なエレクトロニクス機器を創造・開発・製造できる技術者