電気電子工学科

「好き」を仕事にするために、緻密に設計されたカリキュラム。

本学科には、電気を学ぶエネルギー系と、電子情報機器などを学ぶエレクトロニクス系の2分野があります。実社会で活躍するためには、どちらの基礎もしっかり身につけておくことが必要。したがって、これまで以上に分野の垣根をこえて学べるようカリキュラムを組んでいます。また、本学科が掲げる目標は、"全員が資格を持って卒業すること"。そのため、学科独自の資格取得支援システムや資格認定制度、カリキュラム内外で実施される受験対策講座によって、全面的にバックアップすることに力を注いでいます。

産業界が求めるICTエンジニアを育成

教育目的

本学科では、社会基盤を支える電気エネルギー・電気設備・電気鉄道・プラント関連の専門技術者、種々のエレクトロニクス応用機器やロボット・制御機器の開発技術者、電気電子関連の素材やデバイスの開発技術者、日本の未来を担う高校生に電気電子工学を中心とした工学系技術全般の教育を行う高等学校教員、また知識基盤社会を形成する我が国の各分野で今後の日本や地域をリードできる高度で知的な素養と社会性を兼ね備えた技術者、などの人材養成を目的としています。

教育指針

本学科では、学部から大学院修士課程までの一貫性のある教育理念として、電気電子工学関連の基礎的な知識から高度な知識までの修得のみならず、実社会で要求されるコミュニケーション能力やIT関連の情報活用能力、また社会や地球環境等に関する深い洞察力を持つための教養力など、高度職業人として活躍の場を広げるためのバランスの取れたカリキュラムを用意しており、ここで修得される専門的かつ幅広い能力と知識を備えた"人間力"豊かな専門的業務に従事し得る人材を育成します。

ディプロマ・ポリシー

電気電子工学科は、本学の教育理念である「ヒューマニティとテクノロジーの融合」を中心に据え、「北海道およびわが国の活性化を実質的に支える人材の育成を教育目的として、学部の教育課程が定める授業科目を履修し、別に定められた卒業要件を満たした学生に「学士」の学位を授与します。これによって、卒業生には、以下の能力・知識・態度が身についていることを保証します。

1.知識・理解

  • (A1)電気電子工学に関する一般的な基礎知識を修得し、活用することができる。
  • (A2)電気電子工学の各分野(エネルギー系、エレクトロニクス系)において専門知識を修得し、応用することができる。
  • (B)電力が社会を支える基盤エネルギーであること、エレクトロニクスが社会発展の推進役であることを理解し、人類や文化の発展と技術進歩の調和が重要なことを理解している。

2.汎用的技能

  • (C)日本語による論理的な思考力、記述力、発表、討議の能力、また専攻分野においては英語技術文献を読み解く能力。
  • (D1)問題解決のための言語・道具として、数理基礎能力を使いこなすことができ、情報通信技術(ICT)をモラルに則って効果的に活用することができる。
  • (D2)問題発見から解決までを工学的なシステムとして捉え、情報収集・分析、創造・発想、実験・評価を通して論理的に取り組み、確実に実行することができる。

3.態度・志向性

  • (E)実験、演習、卒業研究等を通じて、与えられた制約条件の下で、課題に対して効果的に取り組むために他者と協調・協働し、自分の役割を担って仕事をまとめる能力。
  • (F)電気電子工学分野のみならず広く科学技術全般が人や環境に及ぼす影響や効果を理解し、技術者の社会的な責任(技術者倫理)を自覚している。
  • (G)電気電子工学関連の国家資格等を在学中から目標にするなどして勉学に励み、卒業後も自らその分野の生涯学習や資格のレベルアップに取り組むことができる。

4.統合的な学習経験と創造的思考力

  • (H)在学中に獲得した電気電子工学に関する知識・技能・態度を基に、自らが立てた新たな課題にそれらを適用し、その課題を解決することができる。

カリキュラム・ポリシー

本学では、ディプロマポリシーの各項目を達成するために必要な授業科目の流れや、各ポリシーと授業の整合性を体系的に理解してもらうためのカリキュラムフローを作成しています。また、各授業科目の達成目標とディプロマポリシー各項目の関連性についてはカリキュラムマップにまとめられております。学生諸君はこれらのツールを利用して学習を進めることにより、卒業=ディプロマポリシー達成までの過程における自らの立ち位置を確認することができます。また、教員団はその組織的関与により、常にカリキュラムの点検評価、および改善を行います。