都市環境学科

社会人としての「基礎力」を養い、就職に強い人材を輩出しています。

4年間の学修だけで、即戦力となれるスキルを完璧に身につけることは困難。そこで、本学科では、社会に出てからも自発的に学び、成長し続けられる力、つまり「基礎力」を養うことをめざしています。また、施工の現場では多くの人と一緒に仕事を進めるなど意思の疎通が必要不可欠。そのため、コミュニケーション力の育成も重視しています。結果、先輩たちは就職先で多くの実績を残し、「北海道科学大学の学生は活躍する」という評価を企業から獲得。就職に強さを発揮するカリキュラムであることを証明しています。

学び続けることで、いつの時代も活躍できる人材に

教育目的

21世紀の社会に求められる、自然と共生した豊かで安全で快適な空間づくりを担うエンジニアを育成することを目的として、地球環境、生態学、土木工学に関する基本を教育し、北海道の豊かで多様な自然をフィールドとして自然観察、環境影響評価、景観創造、自然の保全・再生の技術を身につけたエコロジカルエンジニアを育成します。また、JABEE(日本技術者教育認定機構)の基準に沿って構成された教育プログラムに従って、自然と共生した豊かで安全な社会基盤施設の計画・設計・施工・管理の技術を身につけたシビルエンジニアを育成します。

教育指針

自然環境、都市環境、社会基盤など、人が生活していく基盤づくりに興味を持つ学生を受け入れ、各学生が存分の力を発揮できる教育プログラムを用意すると共に、主体的に考え、行動できる能力を醸成し、更にプロジェクトを進める際に求められる説明能力と合意形成能力など、社会性を持った人材育成にも重点を置いて教育にあたります。

ディプロマ・ポリシー

都市環境学科は、本学の教育理念である「ヒューマニティとテクノロジーの融合」を中心に据え、「北海道及びわが国の活性化を実質的に支える人材の育成」を教育目的として、学部の教育課程が定める授業科目を履修し、別に定められた卒業要件を満たした学生に「学士」の学位を授与します。これによって、卒業生には、以下の能力・知識・態度が身についていることを保証します。

1.知識・理解

  • (A1)建設と環境に関わる工学の基礎的な知識。
  • (A2)建設と環境に関わる諸問題を演習・実験・実習を通して工学的に考察する能力。
  • (B)社会的な広い視野の下で、総合的な価値判断ができる能力。

2.汎用的技能

  • (C)論理的な思考と的確な文章表現を用い、自己の考えを効果的に表現するプレゼンテーション能力及び国際交流を図れるコミュニケーションの基礎力。
  • (D1)情報技術に関する知識とスキルを修得し、実践で活用できる能力。
  • (D2)建設と環境に関わる工学に関連する基礎的な数学及び自然科学の素養。

3.態度・志向性

  • (E)専門知識や工学ツールを利用して構造物の設計や環境への影響を評価ができる能力。
  • (F)建設技術が社会や自然に及ぼす影響を理解し、人類の発展と自然環境について総合的に考える倫理観。
  • (G)演習を通して他者との協調性、自己学習の習慣、自ら行動する能力。

4.統合的な学習経験と創造的思考力

  • (H)実務的課題を通して調査・分析・考察し、工学的に説明するデザイン能力。

カリキュラム・ポリシー

本学では、ディプロマポリシーの各項目を達成するために必要な授業科目の流れや、各ポリシーと授業の整合性を体系的に理解してもらうためのカリキュラムフローを作成しています。また、各授業科目の達成目標とディプロマポリシー各項目の関連性についてはカリキュラムマップにまとめられております。学生諸君はこれらのツールを利用して学習を進めることにより、卒業=ディプロマポリシー達成までの過程における自らの立ち位置を確認することができます。また、教員団はその組織的関与により、常にカリキュラムの点検評価、及び改善を行います。