建築学科|ゼミナールガイド

伊東ゼミ
建築仕上材料に関する研究
佐藤ゼミ
建築空間デザインに関する研究
福島ゼミ
寒冷地に建つ住宅・建築の環境対応に関する研究
田沼ゼミ
建築鋼構造接合部の終局性能
川人ゼミ
現代にあるべき生活空間の建築的探求
久保ゼミ
市街地整備事業の連鎖的展開に関する研究
谷口ゼミ
地域型戸建住宅のあり方に関する研究
千葉ゼミ
積雪地域の建築物に対する 様々な雪対策に関する研究
魚住ゼミ
気候風土・地域特性に適合した建築設備計画・設計・評価手法の研究
前田ゼミ
鋼構造骨組の耐震性能について
福田ゼミ
バリアフリーデザイン・障がい者の経路選択・都市空間

工学部 建築学科 佐藤ゼミ

心が動くこと。それこそが、建築の原動力。

建築が果たすべき社会使命とは何か。単なる空間・デザインを考えるだけでなく、建築物の根本から考えながら未来の空間を描いていきます。

建築の設計デザインを専門とし、住宅や学校建築などの空間づくりとデザインを研究しています。これまで北海道薬科大学臨床講義棟や羽幌のライダーハウスなどの建築物を手がけ、近年は研究室OBも設計段階から参加、本学の新講義棟(G棟)や体育館を設計しました。設計だけでなくキャンパス計画も作り、人が交流しやすい活動的なキャンパスをイメージし、室内型の広場と室内型のストリートのような空間を随所に作りました。連日連夜ハードな作業が続きましたが、完成したときの感動もひとしおです。綿密な設計をしても、見る角度によって異なる見え方が発見できたときなどは、「想定外のうれしい誤差」として、さらなる喜びを与えてくれます。
ゼミでは、卒業設計で1年かけて建築物を作り上げます。アイデアはリアリティを持つことが重要で、ミーティングを重ねながら自分の興味に基づいたテーマを絞ります。どこにどのように建てるか、その建築物が社会に何をもたらすかなどを突き詰めて考えながら設計していき、建築模型を作ります。
建築家は作るだけでなく伝える力も重要なため、プレゼンテーションを行いコミュニケーション能力も磨きます。建築物のデザインというと、難しく聞こえますが考え方はとてもシンプル。学生には、何かを見たときに「いいな」と感動する感性を大切にしながら、自分の信念を持って作る重要性を説いています。

佐藤 孝 教授
Takashi Sato
・学位/ 芸術学修士
・研究分野/ 建築設計、デザイン
・研究テーマ/ 建築空間デザインに関する研究

学生の実力アップにもつながる産学連携。

地域に根ざした寒地技術の研究など、本学が長い歴史をかけて蓄積してきた研究実績、そして日々導入されている最先端の技術。本学では、これらの貴重な研究資源を産業界、ひいては地域社会に還元するため、工学全般から医療科学、メディアデザイン関連まで、さまざまなフィールドで産学連携を推進し、実用化・製品化などへ結びつけることをめざしています。ここで紹介する2つの新しい研究所も、産学連携プロジェクトの一環です。本学の学生たちも研究員のひとりとして参加し、こうした環境に身を置くことにより、最新の研究や設備、プロフェッショナルの仕事を体感しながら実力を向上させることができます。

  • 寒地未来生活環境研究所
  • 寒地先端材料研究所
  • 北方地域社会研究所
  • 北の高齢社会アクティブライフ研究所