診療放射線学科|ゼミナールガイド

北間研究室
光を用いた生体断層イメージングに関する研究
織田研究室
ポジトロンCT撮像法に関する研究
真田研究室
環境中の放射性物質の分析及び放射線の測定に関する研究
島雄研究室
高感度X線画像法の開発、マルチモーダルイメージングに関する基礎研究
熊澤研究室
MRIで撮影した画像の解析と情報の可視化
大場研究室
地域医療・介護体制に関する研究
医療機関の経営マネジメントに関する研究
八重樫研究室
呼吸性移動を伴う腫瘍に対する放射線治療
渋谷研究室
CT画像を用いた血管画像処理に関する研究
板東研究室
診療放射線技師教育と人材育成
荒井研究室
核医学検査撮像技術に関する研究
菊池研究室
再構成画像を用いた解析ソフトによる臨床診断精度向上に関する研究
奥山研究室
GKZ超幾何系の代数的研究、半群環上の微分作用素環状の加群についての研究
谷川研究室
北海道における医療資源の適正配置と患者のアクセシビリティに関する研究、病院情報システムと医療情報の利活用に関する研究
佐々木研究室
放射線による生物学的影響のシミュレーション
谷川原研究室
放射線技術における知識基盤の構築

保健医療学部 診療放射線学科 熊澤研究室

MRIと向き合い、未知なる可能性に挑む。

体内で起きていることを可視化するMRI。医療現場と同じ機器を使用して学び、MRIの機能と画像解析技術、その両輪で医学の進歩に挑戦します。

現代の医療現場では欠かすことのできないMRI。体内の器官の形態だけではなく、その機能や代謝の状態など、かつては目に見えなかった情報まで引き出せる画期的な機器です。私が学生のころMRIの性能が向上し、脳の機能の研究にも使われるようになりました。例えば、そろばんの達人は脳のどの部分を使っているか、絶対音感がある人の脳はどこが発達しているのか、そんなことが分かるようになったのです。
MRIの可能性は未知です。たとえば脳梗塞は、血管が詰まって脳細胞が死滅した時に画像として描出されますが、最近のMRIと画像解析の技術があれば、血管が詰まった段階で画像化でき、重篤な後遺症を未然に防ぐことができます。
MRIは2、3年次に「診療画像機器学」や「画像技術学実験」を必修で学びます。ゼミでは、その知識をもとにさらなる研究を行い、これまでに蓄積してきたシミュレーションデータを実際にMRIで検証したいとも考えています。本学には医療機関で導入されているものと同じMRIがあり、授業や研究で実際に使用することが可能です。これほど恵まれた環境の大学はほかにないでしょう。学生には研究の中で新しい課題を自ら見つけ、次世代で活躍できる人になってほしいですね。又女性の技師のニーズが多いので、MRIの分野だけでなく、さまざまな分野での活躍が期待されます。

熊澤 誠志 教授
Seiji Kumazawa
・学位/ 博士(工学)
・研究分野/ 医用画像処理
・研究テーマ/ MRIで撮像した画像の解析と情報の可視化

学生の実力アップにもつながる産学連携。

地域に根ざした寒地技術の研究など、本学が長い歴史をかけて蓄積してきた研究実績、そして日々導入されている最先端の技術。本学では、これらの貴重な研究資源を産業界、ひいては地域社会に還元するため、工学全般から医療科学、メディアデザイン関連まで、さまざまなフィールドで産学連携を推進し、実用化・製品化などへ結びつけることをめざしています。ここで紹介する2つの新しい研究所も、産学連携プロジェクトの一環です。本学の学生たちも研究員のひとりとして参加し、こうした環境に身を置くことにより、最新の研究や設備、プロフェッショナルの仕事を体感しながら実力を向上させることができます。

  • 寒地未来生活環境研究所
  • 寒地先端材料研究所
  • 北方地域社会研究所
  • 北の高齢社会アクティブライフ研究所