診療放射線学科

医学と理工学の知識を身につけ、地域医療に貢献する人材を育成。

臨床画像検査、放射線治療など放射線医療技術の高度化にともない、高いレベルでの専門知識や技術を身につけた診療放射線技師が求められています。北海道の私立大学で初となる「診療放射線技師(RT)」の国家資格を養成する本学科では、1年次から臨床実習を導入し、医療人としての意識を高めます。また、他学科と連携しながら医学と理工学の知識・技術を磨き、マネジメント力も備えた診療放射線技師をめざすとともに、医療に関わるさまざまな課題に取り組める技術者、研究者を育成します。

診療放射線学科

教育目的

診療放射線学科では、「診療放射線技師として必要な知識および技術と態度を体得させ、卒業直後から指導助言のもと、画像検査や放射線治療に対応できる能力を付与するとともに、放射線技術学研究に関する思考力と創造性を有し、放射線技術学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した診療放射線技師となる基礎を培う」ことを教育研究上の目的として、診療放射線技師を育成することにより、地域医療の向上に貢献します。
特に、放射線技術学教育は、診療放射線技師としての生涯学習の出発点であることを踏まえて、卒業後、診療放射線技師として就業し、成長していく過程において、実務等を通じて体得していくための資質や能力、あるいは継続的な教育や研修の機会等を通じて学んで行くための資質や能力を身につけた診療放射線技師に成長していくうえでの基礎的資質や能力を身につけるための基礎教育を重視しています。

教育指針

各自の目標を達成できるよう、それぞれの学生が存分の力を発揮できる教育プログラムを用意するとともに、自らの意思で学ぶ力、様々な問題解決能力を醸成し、放射線技術学の習得に向けた学習支援することを最も重視しながら教育にあたります。

ディプロマ・ポリシー

診療放射線学科は、本学の教育理念である「ヒューマニティとテクノロジーの融合」を中心に据え、「保健衛生学分野と工学分野に関する専門的な教育研究活動を通じて、地域社会に貢献する医療関連人材の育成」を目指します。併せて、地域における高等教育機関としての使命を果たす学部の教育課程が定める授業科目を履修し、別に定められた卒業要件を満たした学生に「学士」の学位を授与します。これによって、卒業生には、以下の能力・知識・態度が身についていることを保証します。

1.知識・理解

  • (A)診療放射線学の基礎となる知識を修得し、医療における診療放射線学に関わる知識を理解する能力。併せて診療放射線学専門科目を通して社会における諸問題解決のための必要な知識・基本的ルール・スキル。
  • (B)診療放射線技師としての基本的かつ広範な世界に通用するリベラルアーツ。

2.汎用的技能

  • (C)日本語および基本的な英語における基盤となる技能(読む、書く、聞く、話す)が相互に作用し、日常場面、職場、研究の場において必要なコミュニケーション能力。
  • (D)情報処理やコンピュータの利用に関してこれを適切かつ効果的に活用し情報の収集や収集した情報の整理を効率的に行い、自分の考えや成果物を正確に伝える能力。さらに診療放射線技師として必要な数理基礎と診療・治療への応用の知識を修得し、思考・推論・創造する能力と自己学習力(意欲)。

3.態度・志向性

  • (E)保健医療における診断・診療・医療の安全管理などの諸問題に対して、診療放射線学の目的と知識・技能を駆使して、他の医療技術者とチームを組み解決策を協働しながら創出し成果を得る能力。
  • (F)地域、国土、自然そして生活や文化などにも精通したグローバルな倫理観を持って判断・行動できる能力。
  • (G)診療放射線学に必要な知識から知恵へと転換できるように、受身教育から自らが学ぶ能動教育を通して自らが生涯考え行動する能力。

4.統合的な学習経験と創造的思考力

  • (H)将来診療放射線技師として必要な専門分野を統合・発展させ、より安全で高度な医療を提供するための分析能力、統合化能力、協働能力および表現力。

カリキュラム・ポリシー

本学では、ディプロマポリシーの各項目を達成するために必要な授業科目の流れや、各ポリシーと授業の整合性を体系的に理解してもらうためのカリキュラムフローを作成しています。また、各授業科目の達成目標とディプロマポリシー各項目の関連性についてはカリキュラムマップにまとめられております。学生諸君はこれらのツールを利用して学習を進めることにより、卒業=ディプロマポリシー達成までの過程における自らの立ち位置を確認することができます。また、教員団はその組織的関与により、常にカリキュラムの点検評価、および改善を行います。