理学療法学科

新たなリハビリテーション技術を追求し世界を舞台に活躍する人材へ。

運動療法や物理療法などを駆使して、対象者の障がいやけがなどにより低下した運動機能を維持・改善する「理学療法士(PT)」の国家資格取得をめざす本学科。医療系の各学科と連携したチーム医療、さらには本学が創立以来培ってきた工学技術を活用した授業を展開。高度な技術と幅広い視野を持つ人材を育成し、その上で医療と福祉に関連したさまざまな課題に取り組む技術者、研究者への道も広げます。臨床経験が豊富な教員陣とともに、新しい理学療法やリハビリテーション技術・手法の開発にもチャレンジします。

理学療法学科

人材養成の目的

理学療法学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力の習得のもとに、理学療法学分野に関する基礎的な知識及び基本的な技術と態度を有し、地域住民の健康増進や疾病予防、健康寿命の延伸など高度で多様化した社会的ニーズに広く対応できる理学療法士の養成を行い、総合大学での学びを活かして広く地域社会に貢献できる次のような人材を養成する。

1
理学療法学に関する専門的知識と実践的能力を体得し、卒業直後から指導助言のもとに地域社会の多様なニーズに対応する理学療法士となる人材
2
保健・医療・福祉制度の下で、他の関係職種と連携・協働しながら、理学療法士の役割を果たしていくことができる人材
3
社会や保健医療分野の変化に対応し、新しい問題に対して理学療法学をより学際的に発展させ解決へ向けて取り組むことができる人材