看護学科

医工連携、チーム医療の学びを通して、新たな看護技術を創造できる人材を育成。

「看護師」国家資格の取得をめざすカリキュラムの中で、看護を必要とする人を支援するための基盤となる医学知識や技術を体系的に学びます。さらに、医工連携を特徴とする本学では、ICT(情報通信技術)化が進む医療現場に対応した授業を展開。電子化された教科書を活用するほか、医療機器やパソコンなどの情報活用能力も習得できます。又、医療系5学科がそろう本学では、1年次からチーム医療の学びを実現。合同授業を通して、「自ら考え、行動し、協働する力」を養い、研究者への道も広げます。

看護学科

人材養成の目的

看護学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力、及び看護師として生涯成長し続けるための基盤となる資質と能力を有し、看護学及び総合的な学問の知見を活かし、他の保健・医療・福祉に関連する職種と連携・協働して、地域社会の健康と活性化に寄与する次のような人材を養成する。

1
看護学分野に関する専門的知識と実践的能力を体得し、卒業直後から指導助言のもとに地域社会の多様なニーズに対応する看護ケアができる能力を有した人材
2
看護学研究に関する思考力と創造性を有し、看護学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した看護師となる人材
3
保健・医療・福祉制度の下で、他の関係職種と連携・協働しながら、看護師の役割を果たしていくことができる人材