義肢装具学科

「ものづくり」の精神と、医学・福祉・工学知識を備えた専門家に。

日本で初めての、大学における「義肢装具士(Prosthetist & Orthotist:PO)」の養成課程として2006年に誕生した本学科。義肢・装具の装着部位の採寸・採型、製作など義肢装具士の国家資格取得に対応したカリキュラムはもとより、近年、歩行訓練ロボットやアシストスーツなどハイテク化が進む義肢装具の研究分野で、本学の伝統である工学技術を活用できる全国有数の教育設備と指導体制を整えています。本学ならではの福祉・工学の視野を学び、さらに保健医療学部の5学科が連携して医師や理学療法士などと共にチーム医療に貢献できる人材を育成します。

義肢装具学科

人材養成の目的

義肢装具学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力及び義肢装具士として生涯成長し続けるための基盤となる能力の習得のもとに、義肢装具学分野に関する必要な知識、技能及び態度を有し、義肢装具学及び総合大学での学びを活かして、地域社会の健康と活性化に貢献する次のような人材を養成する。

1
義肢装具士として必要な専門的知識と実践的技能を体得し、卒業直後から指導助言のもとに義肢装具の製作適合等ができる能力を有した人材
2
義肢装具学研究に関する思考力と創造性を有し、問題解決に向けて取り組むことができる人材
3
保健・医療・福祉制度の下で、他の関係職種と連携・協働し、義肢装具士としての役割を果たせる人材