臨床工学科

最先端の医療機器を操り、医療の未来を担う臨床工学技士へ。

創立以来、本学が積み上げてきた工学知識、技術資産を継承しながら、医療科学を広く深く学べるカリキュラムを編成。高度化する医療機器の研究・開発に欠かせない工学技能の修得はもちろん、近年職域が拡大している現場で必要とされる医学への理解を深め、チーム医療の一員として自ら動き、問題解決に取り組む人材を育成します。国家資格である「臨床工学技士(CE)」の資格を取得することで、卒業後は医療現場だけでなく医療機器メーカーや教育現場など技術者、研究者としての可能性も広がります。

チーム医療の一員として自ら動き、問題解決に取り組める人材に

人材養成の目的

臨床工学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力の習得のもとに、臨床工学分野に関する基礎的な知識及び基本的な技術と態度を有したうえで、臨床工学技士及び医療技術者として生涯成長し続けるための基盤となる資質と能力を有するとともに、他の医療関係職種と連携・協働して、地域社会の保健・医療・福祉の向上に寄与する次のような人材を養成する。

1
臨床工学技士及び医療技術者として必要な専門的知識と実践的能力を体得し、卒業直後から指導助言のもとに臨床工学業務及び医療技術学業務ができる能力を有した人材
2
臨床工学研究に関する思考力と創造性を有し、臨床工学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した臨床工学技士及び医療技術者となる人材
3
保健・医療・福祉制度の下で、他の関係職種と連携・協働し、チーム医療の中で臨床工学技士及び医療技術者としての役割を果たしていくことができる人材