専攻科(車体工学専攻)

※平成29年4月より募集停止


自分も、自動車も、磨くことで輝きつづける。

本科では、自動車業界で今後さらに必要とされる人材を育成しています。自動車工学の基礎と一般教養をベースに、車体工学に関する学びを深め、一定水準以上の高度な知識をもった自動車車体整備士を目指せます。

自動車車体整備士を目指す

教育目的

本専攻科は、「短期大学の自動車工学教育の基礎の上に、より高い学術を教授研究するとともに、自動車整備に関する最新の技術や環境変化に対応できる技術者を養成する」ことを教育目的としています。

教育目標

本専攻科は、教育目的を達成するために、建学の精神と教育理念を土台として、以下のような目標を持って教育研究に邁進しています。

自動車工業科第一部又は第二部のいずれかを卒業後、二級ガソリン自動車整備士又は二級ジーゼル自動車整備士のいずれかの資格取得後の1か年の課程である。実践を重視したカリキュラムにより、車体整備に関する総合的な技術力のほか、事故見積や損害保険、フロント業なども学び、いわゆるマルチメカニックとしての基礎を育成し、自動車車体整備士の資格取得を最終目標としています。