自動車工業科第一部

※平成29年4月より、自動車工学科へ名称変更予定

4コースで自動車業界を学ぶ
本学科では、4つのコース(自動車整備コース・技術開発コース・損害保険コース・マネジメントコース)を設置し、自動車業界での進路に応じた専門的な知識を深めることができます。
すべてのコースでは、基本教育科目と自動車工学の基礎(二級自動車整備士認定科目)を学ぶことができ、二級自動車整備士の受験資格を取得することができます。また、就職だけでなく、4年制大学への編入学も可能です。

自動車業界で活躍できる人材に

 

教育目的

本学科は、「教育基本法の精神に則り、学校教育法の定める短期大学として、広く知識を授けるとともに、深く自動車工業に関する専門の学芸を教授研究し、その応用能力と優れた人格を育成し、もって社会に有用な実践力に富む人材を養成する」ことを教育目的としています。

教育目標

本学科は、教育目的を達成するために、建学の精神と教育理念を土台として、以下のような目標を持って教育研究に邁進しています。

自動車工学の基礎から整備技術・設計に至るまでを総合的に学習し、二級自動車整備士の教育課程に定められた知識と技術を修得するとともに、自動車産業に広く対応できる人材の育成を最終目標としています。

 

ディプロマ・ポリシー

本学科を卒業する学生には、自動車産業を担う人材として、また、地域社会の構成員として活躍することが期待されており、卒業までに次に掲げるものを身につけることが求められます。基準となる卒業単位数を修得した学生には卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 人格形成の基礎となる教養、社会人としての常識、行動規範。
  2. 二級自動車整備士の教育課程に定められた知識と技術。
  3. 自ら進んで専門的な知識を学び、課題を発見し、解決する能力。
  4. 自分の考えを的確に表現し、相手の主張を正しく理解できるコミュニケーション能力。
 

カリキュラム・ポリシー

本学科では,次のようにカリキュラムを編成しています。

  1. 基本教育科目は、北海道科学大学との共通科目として設定し、教養、社会人基礎力を身につけます。
  2. 専門教育科目(自動車整備士認定科目)は、自動車の基礎、構造・機能から順次ステップアップし、二級自動車整備士資格取得のために必要となる知識・技能を学びます。
  3. 専門教育科目(工学基礎分野)は、自動車に携わるエンジニアとしての基礎となる知識を学びます。
  4. 専門教育科目(自動車工学分野)は、自動車についてさらに深い知識を学びます。
  5. 専門教育科目(機械工学分野)は、自動車の設計・開発に関する機械工学の基礎知識を学びます。
  6. 専門教育科目(マネジメント分野)は、自動車関連事業における販売、経営に必要となる知識について学びます。
  7. 自動車業界が求める力、目指す将来を見据えた4つのコース(自動車整備、技術開発、 損害保険、マネジメント)に分け、それぞれのコースごとに履修するべき選択科目を指定しています。
  8. 北海道科学大学への編入を想定した単位認定科目を選択できます。