メディアデザイン学科|科目・特色

学びのステップ
1年次

講義は大きく「デザイン系」「ソフトウェア系」「コミュニケーション系」の3つに分けられ、文理融合型が特徴。各分野の基礎を幅広く修得し、物理学や数学など理系の基礎を身につけることで専門技術を学ぶ素地をつくります。

2年次

演習がメインの講義では、資格取得が可能なレベルまでの技術修得をめざします。プレゼンがメインの講義では企画・発表を行うなど、より専門的で実践的な内容に。自分の得意分野を学びながら検証する期間でもあります。

3年次

将来進むべき分野を絞り、問題解決型学習で重点的にスキルアップをめざします。演習形式の講義では、企画から制作、プレゼンまでの一連の流れを通して、作品の完成度はもちろん、コミュニケーション力も高めます。

4年次

卒業研究に取り組むことで、クリエイターやIT技術者に必要な専門的知識と技術を獲得することが最終目標。文献や先輩の卒業研究を調べたり、必要なスキルを基礎から学び直すなどの下準備を経て、実制作を行います。

科目ピックアップ

ゲームプログラミングⅠ

ゲームプログラミングⅠ

ゲームやアプリケーションを開発するための技術を学びます。実践的な知識と能力が身につくよう、講義は実習形式。プランナーやデザイナーなどの職種を想定したうえで、それぞれ課題に取り組みます。企画は学生が自ら担当し、制作したゲームはスマートフォンなど実際のゲーム機を使って試すことができます。

映像デザインⅠ・Ⅱ

映像デザインⅠ・Ⅱ

現役の映像クリエイター指導のもと、映像作品の制作方法を学ぶ科目です。企画の立案からシナリオ作り、演出方法、撮影や編集など、実際の現場で役に立つ学びを重視。カメラや音響機器、編集機器などプロ仕様の機材を用いています。学生一人ひとりに役割を分担することで、責任感やチームワーク力を養うことができます。

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、情報処理法/情報管理法/人間の理解/社会の理解/英語/プロジェクトスキル/体育実技/日本語表現法
  • 2年次、統計分析法/英語コミュニケーション/自己管理と社会規範/日本国憲法
  • 3年次、ビジネススキル/他者理解と信頼関係/地域活動と社会貢献

専門教育科目

  • 1年次、デジタルコンテンツ/ヒューマンインターフェース/情報処理システム/メディアデザイン演習/CG基礎演習/Webデザイン基礎/デジタルコミュニケーション/ビジュアル・プログラミング
  • 2年次、デザイン論/芸術論/デスクトップパブリッシング/3Dコンピュータ・グラフィックス/プレゼンテーション/音楽情報処理/映像デザイン/ゲーム創造学/ゲームプログラミング
  • 3年次、情報ネットワーク/メディアと数理/ English Conversation/情報と職業/知的所有権/ユニバーサルデザイン論/イメージ情報処理/コンピュータ・エンタテイメント/デジタルクリエーション/音声情報デザイン/感性情報処理/視覚心理学/ソフトウェア・デザイン演習/知能情報デザイン
  • 4年次、ビジネスコミュ二ケーション/ロボティクスデザイン/卒業研究
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内