メディアデザイン学科

感性と技術を磨き、コンテンツが機能するための

デジタルコンテンツ制作について「創造するためのデザイン系科目」、「制作するためのソフトウェア系科目」、「人に伝えるためのコミュニケーション系科目」の3つを柱にすえて、カリキュラムを組んでいます。デッサンやプログラミングなどの技術的な学びはもちろん、制作物が受け手にどのように伝わるかというコミュニケーションの観点に重きを置いているのが特徴です。「視覚心理学」や「感性情報処理」などの科目から"伝える"ための知識や能力を身につけ、北海道の産業活性化に貢献できる人材を育成します。

メディアデザイン学科

教育目的

海外や、さまざまな領域での活躍も視野に入れ、語学や文化論、芸術論、心理学など幅広い学問領域を学んだ上で、今、業界で主流のソフトウェアの操作方法を修得し、アプリやゲーム、コンピュータ・グラフィックス、Webコンテンツなどを制作でき、芸術的感性とデジタルデザインセンスに優れたコミュニケーション能力の高いクリエイターを育成し、わが国および北海道の産業活性化に貢献することを目的とします。

教育指針

さまざまな履修履歴を持つ入学生に対して、文系・理系の枠を超えた文理融合型のカリキュラムにより教育を実施します。専門教育科目では、「デザイン系」、「コミュニケーション系」、「ソフトウェア系」の各専門分野で、メディアデザインの基礎から先端までをしっかりと幅広く学びます。また、専門教育科目の中の「学科共通科目」では、基礎力養成を目指し、技術者の職業や倫理に関する社会性の高い科目などを開講し、さらに問題解決力や外国語によるコミュニケーション能力の向上も目指します。

ディプロマ・ポリシー

メディアデザイン学科は、本学の教育理念である「ヒューマニティとテクノロジーの融合」を中心に据え、「北海道およびわが国の活性化を実質的に支える人材の育成」を教育目的として、学部の教育課程が定める授業科目を履修し、別に定められた卒業要件を満たした学生に「学士」の学位を授与します。これによって、卒業生には、以下の能力・知識・態度が身についていることを保証します。

1.知識・理解

  • (A)メディアの社会的機能を理解するとともに、コンテンツを制作するのに必要なデザイン、コミュニケーション、ソフトウェアに関する知識を獲得し、それらを関連付けて体系的に理解ができる。
  • (B)技術者としての教養につながる人文学、社会学、数学、自然科学、情報技術などに対する幅広い知識。

2.汎用的技能

  • (C)正しい言語の運用能力、すなわち文章を論理的に書き、理解する能力、他人とコミュニケーションする能力、プレゼンテーション能力。
  • (D)情報技術の獲得、およびそれらの社会や自然に及ぼす影響・効果に関する理解力、さらに技術者やデザイナーとして社会に対する責任を自覚する能力(技術者倫理)。
  • (E)課題を探求・発見する能力と、情報やマルチメディア・コンテンツに関する知識・技能を活かして課題を解決する能力。

3.態度・志向性

  • (F)協働グループ内、地域内で自らの役割・責任を的確に理解し、学習の場面、業務の場面においてその役割・責任を果たす能力。
  • (G)自主的・自律的な学習・討論を通して、自らまたはグループの問題を発見する能力や問題解決能力を検証・強化していく習慣。
  • (H)自らを律し、社会的規範・通念に即した行動選択ができる能力。

4.統合的な学習経験と創造的思考力

  • (I)ソフトウェア、コミュニケーション、デザインについての総合的な視点と知識を身につけ、現代社会の諸問題を柔軟に分析する能力と技術、情報発信能力、社会の発展に貢献しようとする態度。

カリキュラム・ポリシー

本学では、ディプロマポリシーの各項目を達成するために必要な授業科目の流れや、各ポリシーと授業の整合性を体系的に理解してもらうためのカリキュラムフローを作成しています。また、各授業科目の達成目標とディプロマポリシー各項目の関連性についてはカリキュラムマップにまとめられております。学生諸君はこれらのツールを利用して学習を進めることにより、卒業=ディプロマポリシー達成までの過程における自らの立ち位置を確認することができます。また、教員団はその組織的関与により、常にカリキュラムの点検評価、および改善を行います。