メディアデザイン学科

感性と技術を磨き、コンテンツが機能するための

デジタルコンテンツ制作について「創造するためのデザイン系科目」、「制作するためのソフトウェア系科目」、「人に伝えるためのコミュニケーション系科目」の3つを柱にすえて、カリキュラムを組んでいます。デッサンやプログラミングなどの技術的な学びはもちろん、制作物が受け手にどのように伝わるかというコミュニケーションの観点に重きを置いているのが特徴です。「視覚心理学」や「感性情報処理」などの科目から“伝える”ための知識や能力を身につけ、北海道の産業活性化に貢献できる人材を育成します。

メディアデザイン学科

人材養成の目的

メディアデザイン学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力を高め、デジタルコンテンツに関する総合的な知識・技能とIT技術者やクリエイターとして生涯成長し続けるための能力を有し、地域社会に貢献する次のような人材を養成する。

1
メディアの社会的役割を理解し、デジタルコンテンツを制作するうえで必要な知識・技能を有する人材
2
課題を探求・発見する能力と、デジタルコンテンツに関する知識・技能を活かして協働で課題を解決する能力を有する人材
3
デザインとITのスキルを利用して、地域社会の課題解決や新しい価値を創造できる人材