人間社会学科

豊富な少人数・実践型教育が、人間と社会への深い理解と挑戦力を育む。

2014年度、人間社会学科は、現代の人間と社会をさまざまな角度から学べる4専攻9コースの新体制に生まれ変わりました。本学科の教育の特色である、一人ひとりの潜在力を引きだす少人数教育や学生主体のアクティブな授業も一層進化しました。グローバリゼーションや少子高齢化など激変している現代社会で、社会科学の知識とスキルをベースに、自ら道を切り拓いていく行動力と創造性、そして人と協働して課題を解決していけるコミュニケーション力のある人材の育成をめざします。

豊富な少人数・実践型教育が、人間と社会への深い理解と朝鮮力を育む。

人材養成の目的

人間社会学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識、理解、汎用的技能、態度・志向性、コミュニケーション能力やリーダーシップ、創造的思考力の習得とともに、経営学、社会学、心理学、健康・スポーツの各分野に関する専門的知識、及び生涯成長し続けるための基盤となる生涯学習能力を有し、地域社会に貢献する次のような人材を養成する。

1
人、モノ、お金、情報の活用を学び、マネジメント力とコミュニケーション力を有した地域社会に貢献できる人材
2
社会学の知識と社会調査のスキルで現代社会を読み解き、新しい地域社会や価値の創造に貢献できる人材
3
対人関係及び人間の悩みや問題について、「こころ」を幅広い観点から学び、その理解をもとに「こころの時代」の多様なニーズに応える人材
3
超高齢社会を迎える日本において、生涯を通じた人々の健康づくりと幸せに貢献できる人材