アドミッションポリシー|保健医療学部

保健医療学部

保健医療に関係する医学をはじめとした様々な学問群は、我々個々に対する保健医療だけでなく広く社会や自然にかかわるものです。従って保健医療分野の様々な学問を習得し、それぞれの専門領域において医療を実践する医療技術者・研究者には豊かな人間性と高い倫理性などが求められます。そのためには、専門科目による理論や技術の習得はもとより、自然科学や人文・社会科学などの幅広い知識、病気や障がいを抱える人々が社会に向けて前向きに進むことができるために必要な知識などを総合的に習得し、また、医療技術者・研究者倫理を身につけていることが求められます。

求める人材像

  • 医療と福祉、そして保健学に興味を持ち保健医療学部に所属する様々な医療技術者が携わる保健医療分野の中で中心的存在として活躍し、社会に貢献しようとする意欲を持った人
  • 保健医療学部において展開する様々な医療技術者の養成課程の中で、それぞれの専門領域において技能の向上とその社会における重要性までも認識し、加えてその領域の専門職としての能力を高め続けることができる人
  • 日本語や英語などによるコミュニケーション、プレゼンテーション能力の向上に努め、世界レベルでの医療に貢献する意欲を持った人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に、かつ能動的に学ぶ姿勢を経験し、好奇心が旺盛で、あらゆることに興味を持ち、保健医療の分野を学ぶ上で必要な基礎的学力を備えている人

看護学科 学科詳細を見る

看護学科では、「看護専門職として必要な知識および技術と態度を体得させ、卒業直後から指導助言のもとに独力で看護実践ができる能力を付与するとともに、看護学研究に関する思考力と創造性を有し、看護学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した看護専門職となる基礎を培う」ことを目的として、看護専門職を育成し、地域医療の向上に貢献いたします。

求める人材像

  • 看護に興味を持ち、看護を通じて社会に貢献しようという意欲を持つ人
  • 看護師としての技能の向上の重要性を認識し、自らの専門職としての能力を高め続けることができる人
  • 高等学校等において、能動的に幅広く学び、国語、外国語、数学、理科、地理歴史、公民で学習したことを身につけている人

理学療法学科 学科詳細を見る

理学療法学科では、「医療専門職である理学療法士として必要な知識および技術と態度を体得させ、卒業直後から指導助言のもとに独力で理学療法士として日常医療に対応できる能力を付与するとともに、理学療法学研究に関する思考力と創造性を有し、理学療法学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した理学療法士となる基礎を培う」ことを目的として、理学療法士を育成し、地域医療の向上に貢献いたします。

求める人材像

  • 理学療法学に興味を持ち、理学療法士が携わる医療を通じて社会に貢献しようという意欲を持つ人
  • 理学療法士としての技能の向上の重要性を認識し、自らの専門職としての能力を高め続けることができる人
  • 高等学校等において、能動的に幅広く学び、国語、外国語、数学、理科、地理歴史、公民で学習したことを身につけている人

義肢装具学科 学科詳細を見る

義肢装具学科では、「医療専門職である義肢装具士として必要な知識および技術と態度を体得させ、卒業直後から指導助言のもとに独力で義肢装具士として日常医療に対応できる能力を付与するとともに、義肢装具学研究に関する思考力と創造性を有し、義肢装具学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した義肢装具士となる基礎を培う」ことを目的として、義肢装具士を育成し、地域医療の向上に貢献いたします。

求める人材像

  • 義肢装具学に興味を持ち、義肢装具士が携わる医療を通じて社会に貢献しようという意欲を持つ人
  • 義肢装具士としての技能の向上の重要性を認識し、自らの専門職としての能力を高め続けることができる人
  • 高等学校等において、能動的に幅広く学び、国語、外国語、数学、理科、地理歴史、公民で学習したことを身につけている人

臨床工学科 学科詳細を見る

臨床工学科では、「医療専門職である臨床工学技士として必要な知識および技術と態度を体得させ、卒業直後から指導助言のもとに独力で臨床工学技士として日常医療に対応できる能力を付与するとともに、臨床工学研究に関する思考力と創造性を有し、臨床工学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した臨床工学技士となる基礎を培う」ことを目的として、臨床工学技士を育成し、地域医療の向上に貢献いたします。

求める人材像

  • 臨床工学に興味を持ち、臨床工学技士が携わる医療を通じて社会に貢献しようという意欲を持つ人
  • 臨床工学技士としての技能の向上の重要性を認識し、自らの専門職としての能力を高め続けることができる人
  • 高等学校等において、能動的に幅広く学び、国語、外国語、数学、理科、地理歴史、公民で学習したことを身につけている人

診療放射線学科 学科詳細を見る

診療放射線学科では、「医療専門職である診療放射線技師として必要な知識および技術と態度を体得させ、卒業直後から指導助言のもとに診療放射線技師として放射線検査・治療および放射線安全管理に従事できる能力を付与するとともに、放射線技術学研究に関する思考力と創造性を有し、放射線技術学の進歩に即応しつつ、将来的に高度な知識や技術を有した診療放射線技師となる基礎を培う」ことを目的として、診療放射線技師を育成し、地域の保健医療サービスの向上に貢献いたします。

求める人材像

  • 放射線技術学に興味を持ち、診療放射線技師が携わる保健医療分野を通じて社会に貢献しようという意欲を持つ人
  • 診療放射線技師としての技能の向上の重要性を認識し、自らの専門職としての能力を高め続けることができる人
  • 高等学校等において、能動的に幅広く学び、国語、外国語、数学、理科、地理歴史、公民で学習したことを身につけている人