アドミッションポリシー

機械工学科 学科詳細を見る

工学は、広く社会や自然にかかわる学問であり、工学を利用、実践する技術者・研究者には豊かな人間性と高い倫理性などが求められます。そのためには、専門科目による理論や技術の習得はもとより、自然科学や人文・社会科学などの幅広い知識、安全で安心な社会の構築に関する工学的知識や技術を獲得し、また、技術者・研究者倫理を身につけていることが求められます。
工学部では、持続可能な人間社会の発展と地球環境の保護・改善を支える科学技術の発展のために基礎および応用の教育・研究を推進し、優れた人格を有し、国際的な視野に立って幅広い知識を活用でき、また柔軟な思考力、応用力を持って、社会に貢献できる次世代の専門技術者や研究者の育成を目指しています。

求める人材像

  • モノづくり、システムづくり、技術開発、あるいは情報処理などに関心があり、自分で新しいものを創り出したい人
  • 人間社会や自然環境あるいはその調和における多くの問題に関心を持ち、工学的手法でその解決を図りたい人
  • 日本語や英語などによるコミュニケーション、プレゼンテーション能力の向上に努め、世界レベルでも工学に基づいた貢献をしてみたい人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験し、好奇心が旺盛で、工学を学ぶのに必要な基礎学力を備えている人

機械工学科

機械工学は、幅広い知識・技術を「ものづくり」を支える総合的分野として発展し、産業の基盤となっています。現在では、自然との調和、資源・エネルギーの有効利用、人間と機械の協調などが重要な課題となり、新たな視点を踏まえて、人類の福祉や生活の利便性等にとって有益な「もの」を創造することが求められています。
機械工学科では、数学や自然科学、力学、設計や材料などの機械工学の基本的知識のみならず、広い視野からの総合判断力や応用力、さらには自主的学習力、論理的思考力、表現力などを養成することを目標に掲げ、教育・研究を行います。

求める人材像

  • 社会における諸問題解決のための必要な知識・基本的ルール・スキルを身につけようとする意欲を持つ人
  • わが国および北海道の産業活性化を実質的に支え得る実践的エンジニアとなることを目指す人
  • 工学に必要な知識から知恵へと転換できるように、自らが学ぶ能動的学習を通して生涯考え行動する意欲を持っている人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験し、機械工学を学ぶために必要な基礎学力(国語、数学、理科、外国語)を有すると共に人類や文化の発展と歴史に関する基本的知識(地理歴史、公民)を身につけている人

情報工学科

情報工学は、情報を工学的手法によりさまざまな形で利用する総合的な学問分野です。情報の生成、情報の伝達、情報の収集、情報の蓄積、情報の処理などの分野があり、それぞれ大きな発展を遂げてきました。
情報工学科では、コンピュータのソフトウェアとコミュニケーションを基礎として、ロボティクスの高度化をめざす人工知能、ネットワークの安全を高めるセキュリティ、あらゆるところにコンピュータの利便性をもたらすユビキタス環境についての教育・研究を行います。

求める人材像

  • コンピュータやモバイル機器を利用して、人々が安心して快適に暮らせる社会の実現に貢献しようという意欲を持つ人
  • わが国および北海道の産業活性化を実質的に支え得る実践的エンジニアとなることを目指す人
  • 生涯にわたり、自らの専門能力を高め、あるいは深め、しかも広げることに意欲を持っている人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験し、情報工学を学ぶために必要な基礎学力(国語、数学、理科、外国語)を有すると共に人類や文化の発展と歴史に関する基本的知識(地理歴史、公民)を身につけている人

電気電子工学科

高度に発展した現代社会を支えているのが電気エネルギーと種々のエレクトロニクス応用機器であり、その学問領域は電気工学と電子工学です。電気工学は、社会を支える基盤工学として位置づけられ、種々の発電方式で人々に電気エネルギーを安定的かつ安全に供給しつづける必要があります。
また、電子工学は現代人に欠かせない電気電子情報機器や自動車・ロボットなどに応用され、人々の生活を豊かにするとともに安全を守るのに役立てられます。そして、わが国の技術水準は世界の最先端です。当学科では、このような背景を持つ電気電子工学についての教育・研究を行います。

求める人材像

  • 電気電子工学がカバーする、電気エネルギー分野やエレクトロニクス分野に興味があり、熱意と情熱を持って勉学に取り組める人
  • 卒業後に社会の第一線で活躍するために、在学中から電気電子工学関連の各種実務系資格の取得を目指す人
  • 人類が抱えるエネルギー・環境問題および技術関連の倫理問題に関心があり、将来これらの課題を解決したいと考える人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験し、電気電子工学を学ぶために必要な基礎学力(国語、数学、理科、外国語)を有すると共に人類や文化の発展と歴史に関する基本的知識(地理歴史、公民)を身につけている人

建築学科

建築学科では、建築学の幅広い知識や表現能力と文化、歴史、自然、現代社会が抱える諸課題との関連性も含めて体系的に応用する能力、積雪寒冷地固有の建築学に関する諸問題に対する実務上の解決手段に関する知識および技術者倫理を尊重して、新たな課題に対応する創造的、論理的思考力や生涯学習力の育成を教育目標としています。
建築・都市空間をデザインする創造力と設計能力や健康で快適な生活環境を創るための建築環境・設備の技術や建築空間の構造的安全性、耐久性、信頼性を創出するための建築構造・施工技術全般の専門知識と設計技術を習得し、積雪寒冷地域固有の諸課題へも対応できる設計者、技術者を養成するための教育・研究を行います。

求める人材像

  • 自然環境、地域文化、高齢化や省エネルギー等の社会的諸問題と建築や人間生活との関わりについて関心を持ち、生涯にわたり、自らの能力を高めようとする意欲と知的好奇心旺盛な人
  • 課外活動等を通して、コミュニケーション能力やチームの一員としての自覚を有している人
  • 美術、彫刻等の芸術やCGや図面等の各種表現方法に興味を持ち、意欲的に取り組める人
  • 様々な課題に対して、創意工夫に富む発想を有し、主体的、意欲的に取り組める人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験し、建築学を学ぶために必要な基礎学力(国語、数学、理科、外国語)を有すると共に人類や文化の発展と歴史に関する基本的知識(地理歴史、公民)を身につけている人

都市環境学科

人類が安全・安心で快適に暮らしていくためには、自然環境を豊かに保ちながら、生活の基盤となる社会基盤施設を整備・維持していくことが求められています。
都市環境学科では、自然環境および社会基盤施設に対する基礎知識を学び、積雪寒冷地の社会条件、環境と構造物の共生、自然災害に対する防災・減災、既設構造物の長寿命化、省資源・省エネルギー等、社会が直面する様々な条件を調整しながら人類が安全・安心で快適に暮らしていくための社会を形成する技術についての教育・研究を行います。

求める人材像

  • 人類が自然と共生しながら安全・安心で快適に暮らしていける都市空間の実現に貢献しようと意欲を持つ人
  • わが国や北海道の都市空間を安全・安心で快適なものとなるように社会基盤構造物の設計・建設・管理などの実務を担当するエンジニアになることを目指す人
  • 生涯にわたり、自らの専門能力を高め、あるいは深め、さらに広げることに意欲を持っている人
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験し、都市環境学を学ぶために必要な基礎学力(国語、数学、理科、外国語)を有すると共に人類や文化の発展と歴史に関する基本的知識(地理歴史、公民)を身につけている人