機械工学専攻(修士)

専攻概要

※平成27年4月、機械システム工学専攻(修士)から機械工学専攻(修士)へ名称変更
※平成28年度より機械システム工学専攻(博士)は募集停止

最近の工学分野は日進月歩の発展を続けており、それに伴い技術の範囲は益々拡大・多様化しています。その発展を支える工学分野の根幹をなす分野が機械工学(機械システム工学)であり、あらゆる産業・工業の発展を支える学問領域です。とくに省エネルギー化と環境に配慮した高度な技術開発にとって、機械工学(機械システム工学)は必要不可欠なものです。資源の乏しい我が国においては、諸外国の追従を許さない高度な研究開発力、高度な製造技術力、ノウハウを持ち、世界における地位を確保してゆくことが必要であり、益々高度な専門知識を身につけた技術者が求められています。

本専攻は、日本を支える産業・工業の研究開発に従事する機械技術者を目指す学生に対し、学部で身につけた専門知識を基に、より高度な専門知識、機械の専門領域の幅広い知識が修得可能なカリキュラムを有しています。そのために特論の履修、与えられた研究テーマに対する問題発見、解決能力の醸成、成果論文の学会発表を通し、応用力、創造力ならびにプレゼンテーション、コミュニケーション能力を身につけられるように、教育・指導しています。