情報工学専攻(修士)

専攻概要

情報工学は情報を工学的手法によりさまざまな形で利用する総合的な学問分野です。情報の生成、情報の伝達、情報の収集、情報の蓄積、情報の処理などの分野があり、それぞれ大きな発展を遂げてきました。たとえば、膨大な情報を利用した検索連動型ビジネス、電子政府を実現する国レベルの取り組み、携帯端末を活用した新しいライフスタイルの創出があり、また、デジタルメディアを介したコンテンツの高度化やゲームプログラミングの浸透も顕著です。人工知能・ロボットの分野でも災害救助、介護やエンターテイメントなどのより人間に近い環境での活躍が期待されています。情報工学専攻では、ネットワーク、人工知能、ソフトウェア、ゲームデザインなどの最新の分野について技術・理論の両面から研究を進め、深い情報工学の学識を身につけたうえで、創造的な工学的アプローチにより情報工学と関連する諸問題を解決できる高度専門技術者及び研究者を養成します。

 

教育目的

高価値創出型産業社会の発展を支える鍵は、人的リソースです。本専攻は、北海道及びわが国における活力の持続、安心安全の確保、個人生活の充実に寄与するプロフェッショナルであり、かつ情報の生成・伝達・収集・蓄積・処理といった各分野の発展と高度な専門的業務を担うことのできる技術者及び研究者の養成を目的としています。具体的には、社会の高度化に整合した各種ネットワークの設計・構築・運用の知識を持つモバイルユビキタス関連の高度専門技術者、知能処理・情報処理技術の実践力を身につけたコンピュータシステム関連の高度専門技術者、社会の仕組みまで理解した深い視点を持ち、感受性豊かでかつ論理的に組み立てることができるコンテンツクリエイト関連の高度専門技術者を育成します。

 

教育指針

指導的なエンジニアは、鋭い創造性と豊かな人間性を兼備することが必要です。各研究室では、最新の研究テーマへの挑戦による徹底した創造性・独創性の追及、及び親密なグループ研究とフランクな研究活動を通した人間性の醸成を運営の基本方針としています。また、体系的・効率的に専門知識の修得、意見交換・ディスカッションができるように、研究専門分野をモバイルユビキタス工学、知能情報工学、ソフトウェア情報工学、デザイン・コミュニケーションの四つの分野にまとめています。

教育・学習目標

修士課程1年次

学生個々人の研究計画を立案するため、研究動向・アプローチに対する認識を深め、研究テーマの問題構造と論点を明確に把握します。更に、研究進捗状況・成果に関する討論、関連文献による検証などにより達成可能な研究計画を確立し、試行・検証・修正・実行しながら、着実な目標達成能力、及び結果を適切にまとめ発表できる能力を修得します。

修士課程2年次

引き続き研究計画を立案・実行・結果をまとめる際に、残された課題等を適正に評価し、自らの修士論文の工学的成果を客観的に検証します。更には関連分野の実験結果・解析結果・評価結果から次ステップへの展開を学び、専攻分野における研究能力と社会的要請に即応できる専門技術者としての高度な能力を獲得することを目標とします。