大学院

  • 薬学研究科〈2018年4月開設〉
  • 保健医療学研究科〈2018年4月開設〉

入試情報

看護学専攻(修士)

基礎となる学科:看護学科

現代の医療現場において、医療の高度化や入院患者の高齢化、患者の安全の確保や権利意識の向上、在院日数の短縮等に伴い入院患者に占める重症患者の割合の増加、精神保健上の問題や児童虐待等をはじめとする地域における看護の対象の複雑化などから、看護実践能力の強化が課題となっており、看護師等にはこれまで以上に高い能力が求められています。
本専攻では、学部教育で修得した看護学及び看護実践に関する専門的な知識や能力を一層深化させるとともに、自ら研究課題を設定し研究活動を展開する能力を身に付けることにより、研究能力を備えた看護教育や看護実践を支える中核的な役割を果たす看護職者を養成します。

リハビリテーション科学専攻(修士)

基礎となる学科:理学療法学科、義肢装具学科

現代の医療現場において、医療の高度化や入院患者の高齢化、患者の安全の確保や権利意識の向上、超高齢化社会に伴う加齢による身体機能障害や脳卒中による麻痺患者の増加、高齢者を対象とした予防事業や介護予防、在宅医療の推進等をはじめとする地域におけるリハビリテーションの対象の複雑化などから、リハビリテーション機能の質的・量的な充実が求められており、リハビリテーション従事者においても、これまで以上に深い知識と高い能力が求められています。
本専攻では、学部教育で修得した理学療法学及び義肢装具学に関する専門的な知識や能力を一層深化させるとともに、自ら研究課題を設定し研究活動を展開する能力を身に付けることにより、研究能力を備えた実践現場を支える中核的な役割を果たす人材を養成します。

医療技術学専攻(修士)

基礎となる学科:臨床工学科、診療放射線学科

現代の医療現場において、高度な医療機器の開発に伴う操作技術の高度化・複雑化や安全・保守点検の重要性、放射線検査や治療など放射線診療技術の高度化、医療分野における業務の細分化や分業化に伴うチーム医療における果たす役割の重要性などから、医療技術従事者における実践能力の強化が課題となっており、医療技術分野においても、これまで以上に深い知識と高い能力が求められています。
本専攻では、学部教育で修得した臨床工学及び放射線技術学に関する専門的な知識や能力を一層深化させるとともに、自ら研究課題を設定し研究活動を展開する能力を身に付けることにより、研究能力を備えた実践現場を支える中核的な役割を果たす人材を養成します。