電気電子工学専攻(修士)

専攻概要

高度に発展した現代社会を支えているのが電気エネルギーと種々のエレクトロニクス応用機器であり、その学問分野は電気工学と電子工学です。電気エネルギーは社会を支える基盤エネルギーであり、東日本大震災による福島原子力発電所事故の後では、従来あたりまえと思われていた電力の安定供給は、人間社会の維持・発展に欠かすことの出来ない最重要なものとして再認識されています。一方、半導体と集積回路を主な構成要素とするエレクトロニクス応用機器は、電気電子情報機器、自動車、鉄道車両、航空機、船舶、理科学機器、医療機器など、高度発展型社会を支える様々な分野で欠かせない存在になっています。 本専攻では、電気工学および電子工学の最新分野について技術的および理論的両面から教育研究を進め、次世代の先端的テーマに挑戦し、関連分野の学問的資産と英知を結集し、豊かで安全な社会を実現するための先進的な技術開発を目指すなかで、高度な専門的業務に従事し得る技術者および研究者を育成します。

 

教育目的

本専攻では、本学創生工学部電気デジタルシステム工学科出身の学生および広く電気電子工学を学んだ学内外出身の学生を対象とし、より高度で深い電気電子工学の学識を身につけさせ、さらに研究テ-マに創造的なアプローチで取り組むことで、エレクトロニクス・電気エネルギー・電気電子デバイス分野の実社会で要求される電気電子工学関連の諸問題を解決できる能力を有する高度専門技術者、また知識基盤社会をリードする高度で知的な素養と社会性を兼ね備えた技術者、および研究機関や大学等における研究者の養成を目的とします。

 

教育指針

本専攻では、電気電子工学が担っている幅広い分野の授業科目を多数用意し、その先端的な領域を教授します。具体的には、「エレクトロニクス系」、「電力エネルギー系」、「電気電子物性系」の主要3分野と「物理数学系」の計4分野から構成し、各分野における教育は、それぞれの特徴を維持しながらも、大きく電気電子工学全般についての体系的な教育を実施します。これにより電気電子系技術者としての基本的なスキルを獲得し、それぞれの分野における深い専門性を有するユニークな人材の育成を目標とします。さらに、各特論科目や特論ゼミナールなどで、様々な観点から意見交換や討論を行うことで、問題発見能力および問題解決能力を涵養することを目指します。

教育・学習目標

修士課程1年次

学生個々の研究計画立案のために、研究の動向や手法に対する認識を深め、新たに取り組む研究テ-マの問題点や新規性を明確にします。さらに、進捗状況や研究成果に関する討論、関連文献による検証などを通して達成可能な研究計画を確立し、試行・検証・修正・実行しながら、着実な目標達成能力や研究成果をまとめて学会発表を行う能力を修得します。

修士課程2年次

研究活動を本格化させるとともに研究成果に対する討論を深め、その発展性も含めて理解を確実なものとし、より洗練された学会発表を行う能力などを修得します。さらに、2年間の研究成果を修士論文にまとめ、関連分野で高度専門技術者および研究者として自信を持って社会に貢献できる素養を身につけることを目標とします。