都市環境学専攻(修士)

専攻概要

※平成27年4月、土木工学専攻(修士)から名称変更

都市環境学では、青函トンネル、本四連絡橋、新幹線や高速道路、海上国際空港の建設といった壮大なプロジェクトの計画とその実現を担当する一方で、都市システムのデザイン、道路、橋、港湾、堤防、ダム、上下水道などの日常生活に密着した諸施設の建設に係わる工学とそれに関連する環境保全や環境創造、災害の防止・減災など人々の生活や産業基盤に関わる技術開発など極めて広範な分野を対象としています。近年、それぞれの地域に即した、人間環境の整備と秩序化を求める要望が強く、それらと関連する施設のあり方を総合的・包括的に把握し、長期的な展望の中で計画的に整備・開発及び保全する必要性が強調されています。

本専攻は、このような時代の中で、寒冷地の地域特性も考慮した自然との調和を図る理想的な社会基盤の整備・環境創造に係わる工学の広範な分野の総合的な教育・研究を展開し、新時代をリードする創造性豊かな技術者を育成することを目標としています。